熱海国際映画祭、入場者は第1回の9割減 チケット購入者は121人

第2回熱海交際映画祭を運営した髪林孝司氏(フォーカス代表取締役)は、期間中の入場者数を公表した。国際コンペ作品を上映した6月28~30日の延べ入場者数が550人(前年5160人)でチケット購入者は121人。
第1回映画祭では50人以上いたボランティアがわずか4人に減り、初日の舞台あいさつでは照明がつかず、一部の上映作品に字幕がなかったり、最終日は映写機材のトラブルで上映時間機材に故障が発生するなど、混乱が続いた。
今後は金銭問題の解決が本格化する。ボランティア映画祭で手伝った市内の映像作家・永田雅之氏の浴衣のレンタルと着付け代など第1回分の未払い債務約896万円や市が立て替えた文化庁からの補助金の支給差額150万円、第2回に向けて市が実行委に支払った負担金500万円について法廷の場で争われる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る