夏到来、熱海サンビーチに子供たちの歓声響く「ウォーターパーク」営業開始 

首都圏などの学校で夏休みが始まり、最初の日曜日となった7月21日、熱海市の熱海サンビーチは令和の初泳ぎを楽しむ海水浴客で賑わった。熱海市観光協会は7月20日から大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始。この日は午前10時前から家族連れらが列を作り、スタッフからライフジャケットの着用をチェックしてもらった後、歓声を上げながら初遊びを楽しんだ。

今夏は全国的な天候不良で熱海サンビーチも来場者が少なかったが、看板遊具のスタートで賑わいを取り戻し、混雑が続いた。静岡県の小中高の夏休みは7月24日〜。

今夏は7月20日から9月1日まで開催し、営業時間は午前10時~午後4時。1時間ごとの入れ替え制(各80人)で料金は高校生以上が1時間1500円、中学生以下は1000円。熱海サンビーチまでJR熱海駅から徒歩15分、バスで5分。新幹線を使えば、東京駅から約1時間、日帰りでも海水浴が楽しめる。(熱海ネット新聞)

■安全祈願祭 オープンに先立ち、7月20日、熱海サンビーチで来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、中島幹雄熱海市観光協会会長、竹部隆市議会議長、金井慎一郎副市長、運営関係者らが砂浜に設けた祭壇に玉串をささげ、期間中の無事故を祈願した。

■ウォーターパーク 熱海サンビーチの沖合約10メートルの海上に設けた縦約30メートル、横約40メートルの巨大な強化ゴム製浮遊アスレチック。シーソーや滑り台、トランポリン、クライミング、トンネルなど約30種の遊具が楽しめる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る