突風で倒木被災 熱海梅園の「甲州最小」なぎ倒す

静岡県三島市で突風が発生し、住宅の壁がはがれたりマンションのガラスが割れたりするなどの被害が相次いだ8月28日午前、熱海梅園でも突風が発生し、「甲州最小」の梅の木1本をなぎ倒した。
西日本から東日本にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になり、熱海市内全域に大雨、雷、強風、洪水注意報が発令されていた。市は30日から復旧工事を行う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る