大地震に備え、トリアージでけが人搬送の優先順位確認 熱海市総合防災訓練

「防災の日」の9月1日、全国各地で災害に備えるさまざまな防災訓練が実施される中、熱海市でも市内8カ所で総合防災訓練を行った。相模トラフを震源とした大規模地震で山崩れや家屋の倒壊、火災が発生し、多数の負傷者が出て避難所に避難したというという想定。熱海市をはじめ消防、自衛隊、警察、熱海医師会、自主防災会、町内会など34の行政機関や団体の約2500人が参加した。
メーン会場となった熱海中学校と桃山小学校の訓練では、齊藤栄市長、竹部隆市議長、藤曲敬宏県議らが見守る中、救出救助、応急手当、飲料水用簡易水槽の設置、炊き出し、救護所設置、負傷者一覧の作成などを実践形式で訓練した。
多数のけが人を効率よく治療するため、けがの程度に応じて治療や搬送の緊急性などの優先順位を決める「トリアージ」では、渡辺修一医師(渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニック病院院長)らが、次々とやってくる患者役の市民に「どこが痛いですか」「歩けますか」と声をかけ、看護師、歯科医師、薬剤師師と協働で患者に赤(緊急治療)、黄(準緊急治療)、緑(軽傷)、黒(救命困難)のタグをつけ、初動対応を確認した。
閉会式のあいさつで齊藤栄市長は「今後ともハード、ソフト両面で災害対策に万全を期していく。防災技術、意識は毎年進化しているが、まずは自分の命を守る行動をとってほしい。それが地域の皆様の命を守ることにつなげる」と話し、自助、共助、公助の大切さを訴えた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る