熱海再生の大恩人 大塚実氏が死去 私財投じ梅園の梅、あたみ桜、ジャカランダ整備

熱海市の再生に尽力した大塚商会創業者の大塚実相談役名誉会長が老衰のため9月7日に死去していたことが18日、分かった。96歳だった。通夜・告別式は近親者のみで執り行った。後日社葬、偲ぶ会を執り行う。
同社は熱海市伊豆山でもホテルを運営し、2006年に市長に就いた齋藤栄市長が財政危機宣言した際、観光再生の協力を申し出た。2007年から7年かけて熱海梅園の梅、糸川遊歩道のあたみ桜、お宮緑地のジャカランダ整備に私財を投じて支援。 熱海梅園の有料化に道筋をつけ、安定的な観光財源を確保するとともに「花のまち熱海」の完成で、四季を通じて観光客が訪れ、年間宿泊客数が4年連続で300万人を超えるまで熱海人気を復活させた。熱海の大恩人ー。
(熱海ネット新聞)
■大塚実(おおつか・みのる)1922年(大正11年)10月9日に栃木県益子生まれ。47年に理研光学(現リコー)入社。1961年に大塚商会を設立し、代表取締役社長に就任。2001年に会長に、04年に相談役名誉会長に就任。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る