巻上公一さん先頭にアートパレード「熱海の国のアリス」 熱海未来音楽祭

熱海に残る昭和レトロと現代音楽をミックスさせて熱海の魅力を発信するイベント、第1回「熱海未来音楽祭」が9月20日、21日の両日、熱海市街と起雲閣で開催された。最終日の21日は熱海駅前の仲見世通り商店街から熱海サンビーチまでアートパレード「熱海の国のアリス」を実施。同音楽祭を企画したバンド「ヒカシュー」などで活躍する音楽家・巻上公一さん(熱海市在住)を先頭にこぐれみわぞうさん(ちんどん太鼓)、大熊ワタルさん(クラリネット)が演奏パフォーマンスを披露しながら練り歩き、「熱海の国のアリス」をイメージして扮した一般市民や子供たちが続いた。
起雲閣では、「詩そして電子音」と題した前衛的な音楽コンサートを開き、巻上さんや芥川賞作家の町田康さん、佐藤正治さん、Anna Lerchbaumer、Andreas Zißlerらが即興の演奏と詩の朗読を組み合わせたステージを繰り広げ、観客を魅了した。「静岡県文化プログラム」の一つで催した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る