戦没者追悼式・慰霊祭の前日 熱海梅園の彼岸花、やっと見ごろに

秋の彼岸明け前日9月25日、熱海梅園の彼岸花(曼珠沙華=マンジュシャゲ)がやっと見ごろを迎えた。訪れた観光客や市民らが、鮮やかな赤い花をつけた彼岸花の蜜を吸うクロアゲハの姿を写真にー。今年は9月を迎えても暑さが続き、平年より10日ほど遅く、見ごろとなった。
熱海市は26日午後2時半から園内のやすらぎの塔の前で今年度の「戦没者追悼式・慰霊祭」を開く。1877年(明治10年)の西南戦争から太平洋戦争までの戦争で亡くなった熱海出身の戦没者1062人の霊を慰め、犠牲者の冥福を祈る歴史ある式典。
追悼式では、齋藤栄市長をはじめ、竹部隆市議会議長、遺族会の代表らが参列し、白い花をささげて犠牲者の冥福を祈るとともに平和への誓いを新たにする。
追悼式に続いて、静霊奉賛会熱海市連合会支部と熱海市遺族会が合同で慰霊祭を開き、参列者全員が玉串を奉天し、故人を悼む。
式典準備の人たちは「これで今年も彼岸花を愛でながら、戦没者供養ができる。間に合ってよかった」。遅れていた見ごろ到来に胸をなでおろしていた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る