マダニ媒介の感染症 熱海の60代男性「日本紅斑熱」発症

静岡県は10月2日、熱海市の60代の男性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと発表した。男性は9月23日に発熱し、24日に紅斑がでたため、地元で受診したのち、30日に東部の医療機関に入院。その後、マダニが媒介する感染症「日本紅斑熱」を発症していたことが分かった。快方に向かっているという。
日本紅斑熱は、重症化すると死亡することもあり、マダニは秋も活動が盛んなことから、県はレジャーや農作業の際、肌の露出を少なくし、マダニに刺された場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけている。
ことし静岡県内の医療機関で感染が確認された患者数は7人目。統計を取り始めた2000年以降、最も多い。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る