季節限定、山田屋「熱海おでん」注文殺到 令和バージョンはうどん付きも

お魚のすり身の店「山田屋」(熱海市咲見町)が、毎年季節限定で販売する「熱海(あつうみ)おでん」の令和元年バージョンが完成、11月1日から販売を開始。全国から注文が殺到し、残りが100セットの品薄状態になっている。
「熱海ブランド(A-PLUS)」認定商品の「しいたけ坊ちゃん丸」「大漁!えび娘」「熱海のいかめんち」など28種類のおでん種を「あつ」と「うみ」の2セットに分けて盛り合わせた。瞬間冷凍しているため、自然解凍後におでん汁に入れて加熱するだけで美味しく食べられる。税込み4860円(約4人前)。今年はうどん付きの5400円も加わった。
熱海市の老舗蒲鉾工房「山田屋水産」の直営店「山田屋」は、熱海や箱根の高級旅館に正月用の紅白蒲鉾や伊達巻などを納品しており、繁忙期に入る前のこの時期に店頭や通販でお正月バージョンのカラフルな「熱海おでんセット」を販売している。熱海の別荘族にはとくに人気で、歳暮用に贈ったり、正月のもてなし料理用に購入する人が多い。
(熱海ネット新聞)
問い合わせは山田屋 電話0557-82-3170へ。

★あつみ 14種類
ウインナー揚げ 蓮根はさみ 豚軟骨つくね 大漁!えび娘 紅葉生麩 結び昆布 えびオクラ 海老ゆらゆら湯葉
ねぎ生姜丸 丸揚二色 とり肉豆腐 三色団子 ロールキャベツ パプリカ新上 

★うみ 14種類
ミニ白半 しいたけ坊ちゃん丸 もち巾着 黒くろはん 黒はんぺん 信田 鶏八幡 五目だんご 海老巻揚 蓮根辛子手どり サラミつつみ 竹生麩 たこボール 結び昆布

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る