風情ある熱海の錦秋、紅葉狩りの新名所 MOA美術館「茶の庭」

紅葉の名所として知られる熱海市のMOA美術館の敷地内にある「茶の庭」で、見ごろを迎え、来館者を楽しませている。
「茶の庭」の茶室「一白庵」「樵亭(しょうてい)」や「光琳(こうりん)屋敷」の周りには、鮮やかな赤や黄に色づいたノムラモミジ、イロハモミジなどカエデ類が約60本植えられ、庭内を錦秋に染めている。「一白庵」では和菓子や抹茶を味わいながら、ゆったりと秋の風情を心行くまで堪能できる「紅葉狩りの新名所」として、数年前からインターネット上で評判になっている。庭園には「二條新町 そばの坊」「和食・甘味 花の茶屋」もあり、食事もできる。
茶の庭の入り口「唐門」からの景色は、インスタ映えし、訪れた人たちがカメラを構えたり、散歩をしたりして思い思いに満喫ー。
11月29日は伊東市立南中の生徒たちが理科の校外学習で訪れ、秋の気温と深く関係する紅葉について観察するなど、多くの人が訪れている。
同美術館は12月8日まで、リニューアル3周年記念特別展「仁清 金と銀」を開催している。11月30日は「特別な秋の一夜」と銘打ち、午後1時半から館内の能楽堂で秋の演能会「紅葉狩」を開催。また開館を午後7時まで延長して一夜限りのライトアップを実施する。最終入館は午後6時半。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  2. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  3. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  4. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
ページ上部へ戻る