熱海駅前商店街で防災訓練 消防署員から応急手当学ぶ 観光客の救護手順確認

熱海市各地区の自主防災組織は12月1日の「地域防災の日」に防災訓練を行なったが、平和通り、仲見世通り両商店街を抱える田原本町自主防災会は休日を避け、4日に実施した。熱海駅前郵便局裏の公開空地で杉山利勝町内会長を中心に2班に分かれ、消防署員から三角巾を使った応急処置方法やAED(自動体外式除細動器)と消火器の正しい使い方を学び、災害発生時に備えた。
AEDの訓練では、負傷者役の人形に「大丈夫ですか?」と声をかけ、反応がないと、無呼吸を確かめ、近くの人に「救急車を読んでください」と指示し、観光客の救護手順確認した。熱海市の場合、119番通報をしてから救急隊が現場到着するのに平均で約8分かかることから、AED使用の補完手段として人工呼吸と心臓マッサージをリレー方式で行った。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る