紅白梅に続いて市の木「あたみ桜」が開花 熱海梅園に春到来

熱海市は12月13日、熱海梅園で市の木「あたみ桜」が開花したと発表した。可憐なピンクの花を咲かせたのは、園内に植えれている6本の内、足湯裏の1本。平年より半月ほど早く、奇しくも昨年と同じ日だった。
「あたみ桜」は、1871年(明治4年)頃イタリア人によって熱海にもたらされたと伝えられ、先人たちの努力によって殖やされ、現在では市内各所に植栽されている。沖縄原産のカンヒザクラと関西以西の暖地帯に自然分布するヤマザ クラとの自然雑種。開花期は1月で沖縄のカンヒザクラと並んで日本で最も早く花が咲くことで知られる。
また、ひとつの枝に早期に開花する花芽と後期に咲く花芽が形成されるため、開花期間が1カ月以上と 長いのが特徴。市制40周年にあたる1977年(昭和52年)4月に「市の木」に制定された。

園内では、白の冬至梅に続いて、熱海梅園の入口山側の厠(かわや)近くで赤の八重寒紅(やえかんこう)が鮮やかな花を咲かせ、あたみ桜と紅白梅、紅葉の共演が観光客の目を楽しませている。こんな豪華な風景は熱海梅園が唯一無二。
(熱海ネット新聞)

■あたみ桜の植栽場所 糸川沿い(58本)、海浜公園(11本)サンレモ公園(5本)釜鳴屋平七像(2本)梅園内(6本)、梅園前市道(23本)、渚小公園(15本)、渚デッキ(17本)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る