熱海市林ガ丘町にホテル建設計画、地上5階建て40室 

熱海市林ガ丘町に新ホテルが建設されることが12月17日、分かった。予定地は「大観荘」北西約150メートルで「コスモ熱海林ガ丘」下の空地。建設準備を進めているのは大阪市で不動産業などを手掛ける東申開発。計画では1181平方メートルの敷地に地上5階・地下1階のホテルを建てる。客室40室。延べ床面積は2358平方メートルで高さ20・950メートルを想定。開業時期は未定。同社は今年6月に会社登記された。
12月27日まで熱海市まちづくり課で開発事業事前協議書が縦覧できる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る