熱海国際映画祭監督賞の上西雄大さん 同作品でミラノ国際映画祭最高賞

今年6月の第2回熱海国際映画祭で長編映画「ひとくず」で監督賞を受賞した上西雄大さん(52)が、同作品で12月7日に閉幕したミラノ国際映画祭で最優秀作品賞と外国語映画部門の最優秀男優賞を受賞した。

6月28~30日に開催された第2回熱海国際映画祭は、実行委の熱海市と映画祭運営会社「フォーカス」(髪林孝司氏代表取締役)が対立し、運営会社側が規模を縮小して独自に実施。89の国・地域から1508本の応募があり、35本が上映された。

同作品は、児童虐待に悩む人々をテーマにした作品。3月14日から渋谷・ユーロスペースを皮切りに、全国で順次公開される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  2. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  3. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  4. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
ページ上部へ戻る