国内外から44万点応募 入賞入選作300点展示、MOA美術館児童作品展

第31回MOA美術館全国児童作品展(岡田茂吉美術文化財団主催)が1月12日から熱海市のMOA美術館円形ホールで始まり、絵画と書写の文部大臣賞をはじめ、入賞・入選作300点が展示されている。

今年度は、国内外から43万9893点(参加校9083校)の応募があった。表彰式は1月26日午前10時から館内の能楽堂で開く。入賞作などは2月12日まで、同美術館で展示する。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る