第23回伊豆文学賞・最優秀賞決定! 鈴木ヤスノリさん小説「ナナカマドの庭」 

第23回伊豆文学賞(静岡県、伊豆文学フェスティバル実行委員会主催)が1月14日、発表され、最優秀賞(賞金100万円)に、小説・随筆・紀行文部門に応募した鈴木ヤスノリさん(静岡県函南町の公務員)の小説「ナナカマドの庭」が選ばれた。
267編(小説157、随筆39、紀行文11、メッセージ60)の頂点を射止めた「ナナカマドの庭」は、スポーツ推薦で高校に入学したはずが、けがなどでレギュラーを外され、挫折感を味わうことになった耕介が主人公。アルバイト先の花市場で出会った人たちに背中を押されて新たな一歩を踏み出す姿を富士山をのぞむ駿河湾の風景を混じえて描いた。最終審査会は1月9日、熱海市のホテルニューアカオで行われた。
表彰式は3月8日、沼津市のプラザ・ヴェルデで開かれる。
(熱海ネット新聞)
■ 鈴木ヤスノリさんの話「新年早々の夕暮れ時、家族も待つ席で、大変ありがたい朗報をいただく機会に恵まれ、忘れえぬ一日となりました。長年温めてきた作品世界でした。富士をのぞむ駿河湾 最奥の風景や古き花市場の日々が活字となり、伊豆文学の書棚に仲間入りをさせて 頂くことに限りない喜びを感じています。ありがとうございました」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る