新型コロナ、熱海市の宿泊キャンセル7万人 県内で浜松市に次ぐ多さ

静岡県は3月6日、新型コロナウイルスの感染拡大による県内宿泊施設の予約キャンセルが、1月~4月分で計48万9974人(2月末集計)に上ったと発表した。このうち、熱海市(市内全域)は7万60人で、浜松市の9万1504人に次いで多かった。熱海市関連の影響額は宴会のキャンセルも加わり、19億円を超えるという試算もある。
1月末時点より、約40万人増えたことから、県は融資条件の緩和など財政支援と観光需要の拡充に努める方針。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る