超人気「熱海プリン」、待合室の使用自粛 新型コロナウイルス感染予防

新型コロナウイルスの感染予防のため、熱海市田原本町の「熱海プリン」(株式会社フジノネ)は3月26日、待合室の使用を自粛し、駅前駐輪場に待機場所を設けて並ぶ販売方式に変更した。購入客に「接近し過ぎないように並ぶように」呼びかけ、販売窓口も人が密集しないよう入場制限を実施している。
同社は、熱海の街を活性化させたいという想いから、2017年に小さなプリン専門店でスタート。テレビや雑誌で“レトロで可愛い”と評判となり、連日長蛇の列ができたことから、専用待合室を設けていた。
各地の観光地が新型コロナウイルスで、外出自粛ムードに苦しむ中、熱海市は市内に4店舗を出店する「熱海プリン」に牽引される形で首都圏から訪れる若者でにぎわっている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る