新型コロナ 伊東市、バー・スナック100軒へ休業要請 協力金20万円支給

政府が、新型コロナウイルスの感染増加に対応する緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大した4月16日、熱海に隣接する伊東市では、感染予防策として、市内の接客を伴うバーやスナックなどに同日から5月6日までの休業を要請すると発表した。対象は約100軒で支給総額は2千万円。要請に応じた店舗は1軒につき協力金20万円を支給する。
また、今年度予定していた市民運動場人工芝化(予算7億500万円)を次年度へ先送りし、予算規模を圧縮。今後も必要になる市内経済対策を優先するためで、小野達也市長は「市民の安全を守り、生活維持に重点を置いた継続的な対策をしていく。ほかの業種への支援も検討する」と話した。

県内では、御殿場市が全国で初めてスナックを含めたバー、キャバレー、ナイトクラブの売り上げ補償を打ち出し、最大100万円を支給する。16日から休業要請期間(4月末までの15日間)が始まったが、既に108店が申請しているという。アウトレットのある御殿場市は、首都圏などから来た人が市内に宿泊し、バーやナイトクラブ、キャバレーを訪れる人が増えていた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る