齋藤栄市長、静岡銀行と三島信用金庫に「円滑な融資」要請

熱海市は4月15日、市役所に静岡銀行の渡辺真一郎熱海支店長と三島信用金庫の内田正男熱海支店長、山田豊和熱海・伊東・下田ブロック長を招き、コロナウイルスの緊急経済対策で協力を要請した。金井慎一郎副市長が同席した。
両金融機関は、市内経済の活性化を通じて熱海市の発展に寄与する目的で「パートナーシップ協定」を結んでおり、市長は県制度融資に対する市の利子補給などを説明し、「市内事業者の資金繰りの相談には丁寧に対応してほしい」と協力を求めた。
市内の事業者からは、業種によって融資が断られた、既存の融資の借り換えや条件変更に応じてもらえなかった、銀行に融資相談に行ってら日本政策金融公庫へ投げられたーーなどの声があり、両社は「市と連携して事業者支援に努める」と話し、引き続き連携して事業者支援に取り組むことを確認した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る