熱海料飲連合会、加盟店舗に消毒液とマスク 20日まで休業継続 再開後に備える

熱海市の熱海料飲連合会(鈴木恵次会長、101事業者)は5月7日と8日の両日、市内渚町の熱海商議所会議室で手指消毒液とマスクを加盟店舗に配布している。新型コロナウイルスの感染防止のため、熱海食品衛生協会(森田金清会長)から寄贈されたものを小分けし、「密閉・密着・密接」を避けるため、時間を分け分散して手渡した。
国の緊急事態宣言に伴う熱海市独自の飲食店や宿泊施設への休業要請は5月6日までだったが、市は宣言の延長で20日まで延長。ほとんどの店は要請に応じて店を閉め、「感染しない」「感染させない」をスローガンに店内などの清掃。解除後の営業再開に備える。
熱海料飲連合会、熱海交業組合でも配布を実施している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る