国際宇宙ステーション、熱海を通過 日本実験棟「きぼう」流れ星のように輝く

5月17日夜、熱海ネット新聞は地球から約400キロ・メートル上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)が熱海を通過する様子を写真に収めた。午後8時ちょっと前、日本画の巨匠横山大観ゆかりの宿「熱海大観荘」(熱海市林ガ丘町)の上空を飛行機よりも速めのスピードで、流れ星のように輝いて通過した。

ISSはサッカー場とほぼ同じ大きさで、船内には各国の実験棟があり、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしている。日本実験棟「きぼう」では、無重力空間を使った医薬品の生成実験などが行われている。新型コロナウイルスの治療薬開発に期待が高まる。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る