緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市


政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県を対象から外し、全面解除した。安倍晋三首相は31日までは引き続き、県をまたぐ移動の自粛を求めているものの、首都圏からの観光客が7〜8割を占める熱海市の齋藤栄市長は「解除されても県外からすぐに観光客を呼び込めるわけではない。まずは引き続き、県内から客を呼び込みながら経済を動かさざるを得ないく」と述べた。

市は21日から宿泊施設、飲食店などの休業要請を解除したが、市営の駐車場や市営の観光施設は今月末まで継続。JR熱海駅の利用者も日ごとに増えてきていることから、あらためて各業界団体に「感染防止策をとりながら営業してほしい」と呼びかけ、警戒を強めている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る