熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに彩っている。花の名所、糸川遊歩道では川を覆うように彩り、観光客や市民の目を楽しませている。今の花は6月いっぱい花を咲かせ、9月と11月にも繰り返し咲き、「花の街・熱海」を牽引する。
糸川のブーゲンビリアは、2004年の「熱海花の博覧会」に合わせ、ブーゲンビリア愛好家の市民たちが植栽を始め、一時は1200本まで数を増やし、花の名所となった。しかし、市の遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備でが進み、ブーゲンビリアは移植したり、伐採されたりして現在残っているのは45本。

「熱海ブーゲンビリアの会」(富田榮仁会長=カフェ季の環)は、残された糸川のブーゲンビリアの手入れをするとともに、挿し木によって市内の愛好家などに配り、今では中央町の「おふくろの味 るい」、昭和町の「フジマ電気商会」、小嵐町の旅館「新かどや」など百軒を超す一般家庭や店舗で花を咲かせている。熱海市役所や上多賀、下多賀でも街中を彩っている。
(熱海ネット新聞・花取材班)
写真=6月2日撮影
■ブーゲンビリア 南米(ブラジル) 産のオシロイバナ科イカダカズラ属の熱帯性低木。花のように見えるのは、実際には、苞(ほう)と呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花。苞は風に吹かれてヒラヒラと舞い、南国ムードを醸し出す。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る