特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始まった。初日の2日は495世帯、3日は312世帯に振り込みを実施した。
市は、5月23日に各家庭に申請書を郵送。返送されてきた書類に誤りがないかをチェックした後、金融機関に振り込みを依頼する。データ入力や本人確認書類との照合など手間のかかる作業が多く、振り込み日は「郵便局から申請書が届いてから2週間以内」としている。申請書の記入等に不備があった場合は、電話等で申請者に連絡するという。不備がなければ、順次振り込まれる。
(熱海ネット新聞)
■問合わせ 市役所特別定額給付金室 ☎0557(86)6390・6391・6417・6418

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-16

    熱海市でまた1人、新型コロナ感染 同じカラオケ飲食店利用の3人目

    静岡県は7月16日、熱海市に住む1人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。熱海市のコロナ…
  2. 2020-7-16

    熱海サンビーチで「浜降り神事」 御鳳輦、天狗先導で海中を練る

    来宮神社例大祭は7月16日、規模を縮小して御神幸行列を行い、本年度の御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う…
  3. 2020-7-16

    新型コロナ・感染拡大防止で参列限定 来宮神社例大祭厳かに

    来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭神事が厳かに執り行われた。今回は新型コロナウイル…
  4. 2020-7-15

    秘密裏に宮神輿渡御 鎌倉時代からの伝統引き継ぐ 来宮神社例大祭

    来宮神社の宮神輿(みこし)保存会(山田康夫会長)は7月15日、新型コロナウイルス感染防止のため、規…
ページ上部へ戻る