熱海の医療従事者へ感謝、サプライズで尺玉中心に15分 今年の初花火

突然、今年初めての花火が熱海湾に打ち上げられ、驚いた市民も多かったのではないか。6月21日夜、長年にわたり熱海市内の花火大会を手がける静岡県藤枝市の花火企画製造会社「イケブン」が新型コロナウイルスと最前線で闘う熱海市の医療従事者への感謝と収束への願いを込めて300発打ち上げた。
午後8時から約10分間、10号玉(尺玉)4発と5号玉29発、4号玉80発を中心にゆったりと組み立て、恒例のスターマイン4発(大空中ナイアガラ)で締めた。

花火は密集を避けるため、事前には打ち上げを公表せず、同日午後6時に市の同報無線とメールマガジンで告知し、「自宅での観賞」を呼びかけた。熱海市ホテル旅館協同組合が後援した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る