新型コロナ・感染拡大防止で参列限定 来宮神社例大祭厳かに

来宮神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭神事が厳かに執り行われた。今回は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて来賓を招かず、同神宮の神職や神社役員や祭典委員(当番町・浜町)、厄年奉賛会代表など、関係者のみが参列した。

神事では、雨宮盛克宮司が祝詞を奏上。若林正、犬飼啓介、鈴木秀旺責任役員、福井敏幸祭典委員長、山田文敏常任副委員長、二見一輝瑠厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)」会長らが玉ぐしを捧げ、疫病退散と熱海の繁栄を祈念。神女神楽と浦安の舞を奉納した。

神事後、雨宮宮司は「今年は新型コロナウイルスの影響で担ぎ手あり手の宮神輿の渡御、そして鹿島踊りの奉納を、残念ながら見送らせていただいたことをまず大神様にご報告した」と話し、「16日の神幸祭も密集を作らないなどの感染防止策をしっかりとっていただいて、こういった厳しい状態でもお祭りができたということを後世に伝えたい」と呼びかけた。福井実行委員長は「何もかも初めての経験だったが、思いを強くもって奉仕させていただきく」と話した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る