ようやく梅雨明け、平年より11日遅く 夏本番で若者旅行者が熱海に続々

気象台は8月1日、熱海市も含む東海地方で梅雨明けを発表した。平年より11日、昨年より8日遅い。8月の梅雨明けは11年ぶりで、1951年の観測開始以来、3番目に遅いという。
例年なら8月1日から「あたみビールまつり」(渚親水公園・レインボーデッキ)が始まり、熱海は夏休みの繁忙期を迎えるが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止。市街に中高年層の観光客は少ない。一方、国の観光支援「GoToトラベル」が始まって迎えた梅雨明けで熱海駅には、若者の観光客らが続々に訪れている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る