夏休みの自由研究に向け、生きた昆虫展 姫の沢公園で夏の特別企画

熱海市の姫の沢公園で、子供たちの夏休みの自由研究に向けた生きた昆虫の展示会展を開催している。ビジターセンターに特設コーナーを設け、カミキリやカナブン、バッタ、コオロギなど園内で採取した昆虫を公開。昆虫の魅力や多様性を紹介している。8月15日(土)には、幼稚園〜小学校中学年を対象に昆虫観察会を開く。先着予約の5組限定(要保護者同伴)。
また夏の特別企画として9日(日)と23日(日)にミツバチが六角形の巣を作る際のロウを使った「蜜蝋(みつろう)キャンドル」作り教室(参加料500円)を開く。塗り絵・工作コーナーは1日〜23日(日)まで開設している。

現在、公園ではユリ科で最大級の大きさを誇る「ヤマユリ」や夕方になると昼には広がっていた2つの葉が眠るように閉じる「ネムノキ」が見ごろを迎えている。問い合わせ 0557ー83ー5301(姫の沢公園パートナーズ)へ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  2. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  3. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
  4. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
ページ上部へ戻る