夏休みの自由研究に向け、生きた昆虫展 姫の沢公園で夏の特別企画

熱海市の姫の沢公園で、子供たちの夏休みの自由研究に向けた生きた昆虫の展示会展を開催している。ビジターセンターに特設コーナーを設け、カミキリやカナブン、バッタ、コオロギなど園内で採取した昆虫を公開。昆虫の魅力や多様性を紹介している。8月15日(土)には、幼稚園〜小学校中学年を対象に昆虫観察会を開く。先着予約の5組限定(要保護者同伴)。
また夏の特別企画として9日(日)と23日(日)にミツバチが六角形の巣を作る際のロウを使った「蜜蝋(みつろう)キャンドル」作り教室(参加料500円)を開く。塗り絵・工作コーナーは1日〜23日(日)まで開設している。

現在、公園ではユリ科で最大級の大きさを誇る「ヤマユリ」や夕方になると昼には広がっていた2つの葉が眠るように閉じる「ネムノキ」が見ごろを迎えている。問い合わせ 0557ー83ー5301(姫の沢公園パートナーズ)へ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る