ハチミツのロウでキャンドル作り 姫の沢公園で夏休みの体験教室

熱海市の姫の沢公園のビジターセンターで8月9日、夏の特別企画「蜜蝋(みつろう)キャンドル」作り教室が開かれた。子どもたちの夏休みの思い出づくりや自由研究に役立ててもらおうと同公園を管理する姫の沢公園パートナーズが企画した。
ミツバチが巣房(六角形の巣)を作る際の蜜ろうを使ってキャンドルを作るもので、伊豆山みつばち農園の柴崎文子さんが講師を務め、ビジターセンターで開催。保育園、幼稚園、小学生の子供たちが親子で楽しんだ。
湯煎で溶かした蜜ろうに、芯糸(タコ糸)を浸しては乾かしを繰り返し、少しずつ太らせてスティックタイプのキャンドルにする。蜜ろうキャンドルは、煙やススが少ないのが特徴。柴崎さんによれば、電気のなかった時代、欧州などの教会では絵画保存のために好まれ、現在も特別のミサなどで使われているという。
同教室は、23日にも開かれる。問い合わせは0557ー83ー5301へ。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る