お盆の風物詩 「灯ろう流し」 先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日夜、熱海市上多賀の長浜をはじめ、中野海岸、下多賀・池田港の3カ所であった。長浜海水浴場では、伝統行事「百八体流灯祭」の前に行われ、多賀観光協会が赤、黄、緑、青、灰色の風よけ和紙が付けられた灯ろう(1組1000円)300基を用意。地元住人や観光客が買い求めたり、持ち込んだりした灯ろうにそれぞれ供養の言葉や願い事を書いて砂浜から海に流した。多賀湾一帯に500基余りの淡い光がゆるやかに揺れると、訪れた人たちは手を合わせ、先祖の魂を弔った。灯ろうは水で溶ける素材でできており、環境にも配慮している。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-1

    女子ゴルフの渡邉彩香さんが結婚 お相手は埼玉栄高同級生の柔道家

    熱海市出身の女子ゴルファー•渡邉彩香さん(27=大東建託)が3月1日、結婚を発表した。お相手は埼玉…
  2. 2021-3-1

    序ノ口優勝の熱海富士、序二段西48枚目 大相撲春場所番付 3月14日初日

    日本相撲協会は3月1日、大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。初場所で序ノ…
  3. 2021-3-1

    満開の大寒桜、ひっそりとライトアップ 熱海市の渚親水公園市営駐車場

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出を控える動きが続く中、熱海市の渚親水公園市営駐車場で大寒桜(…
  4. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る