今夏4回目の熱海海上花火大会に1万2千人 ホテル・旅館の回復に貢献

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国で花火大会や海開きの中止が相次ぐ中、熱海湾で8月23日夜、この夏4回目の熱海海上花火大会が開かれ、1万2千人(主催者発表)の見物客が浴衣姿などで去りゆく夏の夜空を見上げた。
熱海市では、市内経済を徐々に再始動させ、回復軌道に乗せるため、全国でも異例の8月中に5度花火大会を開催。市観光協会、ホテル旅館協同組合、商工会議所、熱海市によるオール熱海の体制で、三密に配慮した運営など適切な感染防止策を綿密に講じて花火大会を実施している。新型コロナの感染抑止と経済活動の両立のモデルケースとして注目されている。
新型コロナウイルスの影響で、8月に入っても全国のホテル・旅館業が大幅売上減の大打撃を受ける中、熱海市内のホテル・旅館の売上は花火効果もあり、速報値では例年の2割減程度まで回復しているという。
懸念された混雑もYouTubeのライブ放送や首都圏などからの日帰り客の来訪自粛もあり、この日の見物客も前年同時期の3万2千人(主催者発表)より6割以上緩和。帰路を急ぐ日帰り客による熱海駅の密集も例年とは違い、混乱やトラブルは起きていない。ただ、移動の際はマスク着用も観覧時には外している若者の姿も見られた。
夏季シリーズの最後となる次回の熱海海上花火大会(8月27日)も午後8時半から15分間に5千発を集中して打ち上げ、21日に続いて直径約60センチの2尺玉(20号玉)が、直径500メートル大輪の花を咲かせる。
(熱海ネット新聞)
■主催 熱海市観光協会、熱海温泉ホテル旅館協同組合、熱海市、熱海商工会議所

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2021-6-22

    熱海サンビーチなど市内3海水浴場、7月17日から開設 8月29日まで

    熱海市は6月21日、熱海サンビーチ、長浜海水浴場、網代温泉海水浴場の3カ所全てを7月17日(土)~…
  2. 2021-6-22

    【お悔やみ】清水信彦さん(熱海市下多賀)6月20日死去

    清水信彦さん(しみず・のぶひこ)6月20日死去、77歳。熱海市下多賀331の9。通夜22日午後6時…
  3. 2021-6-22

    【お悔やみ】山本登さん(熱海市下多賀)6月18日死去

    山本登さん(やまもと・のぼる)6月18日死去、74歳。熱海市下多賀572の29。通夜23日午後6時…
  4. 2021-6-21

    「ジャカランダ・フェス」の人出9728人 一昨年の55•7%減

    熱海市観光協会は6月21日、ジャカランダ遊歩道で2年ぶりに開いた「ATAMIジャカランダ・…
ページ上部へ戻る