秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱海梅園では、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつけるヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が花を咲かせ、秋の到来を告げている。
毎年、この時期になると時を間違わず咲く。体内時計が備わっているような正確さだ。秋のお彼岸は「秋分の日」(9月22日)を中心にとして前後3日、計7日間。赤い彼岸花は見頃を迎え、白い彼岸花は今週末に見頃を迎える。
一方、中山晋平記念館前では、夏を代表する濃いピンクのサルスベリ(百日紅)がピークを過ぎたが、韓国庭園の白のサルスベリは見ごろが続いている。
(熱海ネット新聞)
2020年秋のお彼岸
■9月19日(土)彼岸入り
■9月22日(火・祝)中日(秋分の日)
■9月25日(金)彼岸明け

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-21

    夏の参院選 自民熱海市支部支持「比例•あだちまさし」氏が国政報告

    自民党熱海市支部は5月20日夜、熱海芸妓見番で国政報告会を開き、夏の参院選の必勝を誓った。熱…
  2. 2022-5-20

    祭典委員長に池田重樹氏、責任当番町は新宿町 来宮神社例大祭

    来宮神社の総代会がこのほど同神社参集殿であり、2022年度(令和4年)例大祭(7月14日〜16日)の…
  3. 2022-5-20

    熱海土石流義援金 配分総額10億2137万5945円で確定

    熱海市は5月19日、昨年7月に市内伊豆山で起きた土石流災害で市に寄せられた義援金の最終的な配分総額が…
  4. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
ページ上部へ戻る