秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱海梅園では、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつけるヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が花を咲かせ、秋の到来を告げている。
毎年、この時期になると時を間違わず咲く。体内時計が備わっているような正確さだ。秋のお彼岸は「秋分の日」(9月22日)を中心にとして前後3日、計7日間。赤い彼岸花は見頃を迎え、白い彼岸花は今週末に見頃を迎える。
一方、中山晋平記念館前では、夏を代表する濃いピンクのサルスベリ(百日紅)がピークを過ぎたが、韓国庭園の白のサルスベリは見ごろが続いている。
(熱海ネット新聞)
2020年秋のお彼岸
■9月19日(土)彼岸入り
■9月22日(火・祝)中日(秋分の日)
■9月25日(金)彼岸明け

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る