熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静岡市)との契約を9月末で解除する。事業は継続し、イドムから派遣されていたエービズチーフアドバイザーの山崎浩平氏が新たに設立する法人と市が委託契約を結び、業務を引き継ぐ。18日の市議会一般質問で米山秀夫氏、村山憲三氏の質問に市当局が明らかにした。

イドム社は、エービズがモデルとしてきた富士市産業支援センター「f-biz(エフビズ)」を運営してきたが、今年3月、同社が国の専門家派遣事業を活用してあっせんした外部専門家が、企業を訪問せずに旅費などを受け取った不正受給で経済産業省が行政処分。これを受け、富士市は6月末でイドムとの契約を解除し、エフビズ事業を休止した。熱海市も独自に業務委託内容の調査を実施し、事業継続のあり方を協議していた。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る