熱海市、ブルネイの東京五輪・パラリンピックのホストタウンに

政府は9月30日、2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外選手と地域住民が交流する「ホストタウン」の第23次登録を発表し、熱海市がブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ)のホストタウンに追加登録された。
昨年10月に経済産業省クールジャパン政策課から東京五輪・パラリンピックへ向けた同国とのマッチング提案があり、齋藤栄市長が2月2日から4日間、ブルネイを表敬訪問。同国のオリンピック・パラリンピック委員会首脳、スポーツ大臣らと面談し、熱海市の観光名所や観光施策を説明し、事後交流型ホストタウンの協定締結の準備を進めていた。
市とブルネイは、大会直前に姫の沢公園スポーツ広場で陸上、マリンスパあたみで水泳、南熱海マリンホールでバトミントンなどのトレーニング受け入れ、大会期間中および大会後のハラル食や観光を通じた国際交流を深めることに合意している。

齋藤栄市長は「世界的に新型コロナウイルス感染拡大が収束をみていない中、来年の東京オリンピック・パラリンピックの開催についても心配されているが、開催されることに期待している。今後、ブルネイ・ダルサラーム国との間でスポーツ、食、映像文化、観光などを切り口とした事後交流型ホストタウンに取り組み、相互理解を深めていきたい」とコメントした。
(熱海ネット新聞)


■ ブルネイ・ダルサラーム国(ブルネイ) 東南アジア・ボルネオ島の北部に位置し、面積は三重県とほぼ同じ大きさ。人口約40万人。敬虔なイスラム教国で、スルタン(宗教的権威)と呼ばれるハサナル・ボルキア国王が治める立憲君主制の国。公用語はマレー語。石油、天然ガスに恵まれ、アジアで最も裕福な小国として知られ、医療費や教育費は無料。所得税はなく、給与水準も高い。1984年に英国から完全独立した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  2. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  3. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
  4. 2022-1-28

    【お悔やみ】阿部信夫さん(熱海市東海岸町)1月26日死去

    阿部信夫さん(あべ・のぶお)1月26日死去、71歳。阿部商店。熱海市東海岸町7の15。通夜29日午後…
ページ上部へ戻る