熱海市で新たにコロナ感染者 高齢者の男性、感染経路は県外 市内43例目 

静岡県は10月14日、熱海市に住む高齢者の男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。熱海市で新たなコロナ感染が確認されたのは10月7日以来1週間ぶりで市内43例目。
この高齢者男性(県574例目)は、9月17日に公共交通機関を利用して県外に行き、25日に37度台の発熱(発症日)や咳(せき)の症状が出た。自宅で症状の改善を待ったが、29日に医療機関Aを受診し、感冒薬を処方してもらった。その後も咳や味覚障害などの症状があったため10月2日に医療機関Aで再受診し、感冒薬をもらい、自宅で静養を続けた。
 しかし、10月7日に37・3度の発熱があったことから帰国者・接触者相談センターに連絡し、医療機関Aでの再診を勧められた。その後も症状が改善されないことから10日に医療機関AでPCR検査を受け、13日に陽性が判明した。14日に県東部の感染症指定医療機関に入院 したが、現在は症状がないという。
感染ルートは、高齢者男性が9月17日に公共交通機関で、24日に知人と自家用車で県外の感染流行地域に出かけていたことから、県はそこでの感染の可能性が高いとみている。高齢者男性に同居家族はいないが、13日にも県内で知人と会っていることから、知人を濃厚接触者と認定し、PCR検査の実施を予定している。
(熱海ネット新聞)

■行動履歴=市内43例目の高齢者男性
9月17日 公共交通機関を利用し県外に外出
9月18〜23日 県外への外出なし
9月24日 自家用車で県外に知人と外出
9月25日=発症日 37°C台発熱、咳 
 (以降、自宅で過ごす)
9月29日 公共交通機関で医療機関Aを受診(濃厚接触者なし)
10月2日 咳、食欲不振、味覚障害。医療機関Aを再受診し、感冒薬をもらう
10月7日 37.3°C、倦怠感、食欲不振。帰国者・接触者相談センターに連絡、医療機関Aの再受診を勧められる
10月10日 倦怠感。医療機関Aを再受診し、PCR検査を調整
10月13日 県内で知人と会う。医療機関AにてPCR検査を実施し、陽性判明
10月14日 県東部の感染症指定医療機関に入院

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る