挑戦者の井山棋聖、あたみ石庭で「名人位」奪取 十代名人・芝野破る

囲碁の第45期名人戦7番勝負の第5局が10月14、15日の両日、熱海市の高級旅館「あたみ石亭」で打たれ、挑戦者の井山裕太棋聖(31)が芝野虎丸名人(20)を破り、シリーズ通算4勝1敗でタイトルを奪取した。
井山は棋聖、本因坊とあわせ、7大タイトルの中でも特に上位に位置づけられる3つのタイトルを独占。自身3度目の「大三冠」に返り咲いた。天元を加えて4冠に輝いた。
今期の名人戦は芝野が名人、王座、十段。井山が棋聖、本因坊、天元の3冠同士の頂上決戦として注目を集めた。名人戦のあたみ石庭でのタイトル決定は昨年の第5局に続いて2年連続。
(熱海ネット新聞)

■「あたみ石亭」 熱海を代表する高級旅館の一つで、全国各地から集めた銘石を至る所に配して庭園が造られ、その中に京風数寄屋造りの離れが点在。対局は離れの貴賓室「弓ケ浜」。
■今年の名人戦7番勝負会場
①ホテル椿山荘東京(8月25、26日)=井山棋聖
② 宝塚ホテル(9月15、16日)=井山棋聖
③菜香亭・山口市(9月23、24日)=芝野名人
④ 戸田家・三重県鳥羽市(9月29、30日)=井山棋聖
⑤あたみ石庭(10月7、8日)=井山棋聖

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る