伊豆山神社で「温泉感謝祭」 源泉の長久とコロナ被害からの回復を祈る

熱海市の伊豆山神社で10月19日、伝統行事「伊豆山温泉感謝祭(湯神祭)」(伊豆山神社と伊豆山温泉組合の共催)が開かれた。伊豆山地区の116本の源泉所有者や温泉利用施設関係者が、それぞれの施設でこの日朝くみ上げた温泉をおけや一升瓶に入れて持ち寄り、参列した。
原嘉孝宮司と大鳥居素禰宜の神事に続いて、本殿前のたるに湯を注ぎ入れて捧げ、水と火をつかさどる同神社の御祭神「天忍穂耳尊」(あめのおしほみみのみこと)に泉脈が絶えることなく伊豆山温泉の繁栄が続き、新型コロナウイルスの早期終息を祈願した。
松本義廣組合長は「コロナの影響で伊豆山も熱海も散々な被害を受けているが、我々温泉場は温泉さえこんこんと出ていれば、必ず乗り越えていける。伊豆山神社の神様は伊豆山にとどまらず、熱海、伊豆地区一円の温泉の守り神。ご加護をいただき、1日も早くかつての繁栄を取り戻したい」と述べた。
伊豆山温泉は1300年の歴史があり、日本三大古泉の一つとされる源泉「走り湯」で知られる。
(熱海ネット新聞)
■天忍穂耳尊 火と水を司る神。その力により、温泉を噴出させる大いなる神威を持つ神とされる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  2. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
  3. 2022-7-4

    伊豆山土石流から1年 教訓を次世代に 熱海市が追悼式

    熱海市伊豆山で死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した伊豆山土石流から7月3日で1年…
  4. 2022-7-4

    【お悔やみ】髙𣘺久雄さん(熱海市伊豆山)7月1日死去

    髙𣘺久雄さん(たかはし・ひさお)7月1日死去、96歳。熱海市伊豆山。「魚久」創業者。通夜5日午後6時…
ページ上部へ戻る