箱根駅伝、エントリー選手発表 駒大、熱海市出身の鈴木芽吹を登録

来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が12月10日発表され、全日本大学駅伝(11月)を制した駒大はエースの田沢廉(2年)、準エースの小林歩(4年)に加え、鈴木芽吹(熱海市出身、1年)ら強力ルーキーが登録した。2008年以来、13年ぶりの箱根路制覇を狙う。
総合連覇を狙う青学大は前回9区区間賞の神林勇太や吉田圭太、11月の全日本大学駅伝で健闘した1年生の佐藤一世らが名を連ねた。前回2区で好走した岸本大紀は外れた。
(熱海ネット新聞)

箱根駅伝エントリーリスト…https://api.hakone-ekiden.jp/storage/top_setting/tournament/1.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

ページ上部へ戻る