年末の飲酒運転・暴力追放訴え、12団体200人がパレード 熱海市民安全大会

年末の交通安全県民運動が始まった12月15日、熱海市は渚町の渚小公園で市民安全大会を開いた。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を例年の半分以下に縮小して行い、12団体200人が参加した。式典では齋藤栄市長、竹部隆市議会議長、本間章浩熱海署長らがそれぞれあいさつ、石井倭雄町内会長連合会長が「安心・安全で住みよいまち熱海の実現」を盛り込んだ大会宣言を読み上げた。

式典終了後、出席者は「飲酒運転根絶」「地域ぐるみで暴力追放」などと書かれたプラカードを掲げ、静岡県警音楽隊の演奏に合わせて市内をパレード。飲酒運転の撲滅や暴力団の追放などを誓い、「安全・安心で住みよいまち熱海」の実現を目指すことを確認した。熱海のご当地ヒーロー「ラインアスロック」も先頭に立って行進、「互いに支えあう 安全・安心なまちづくり」を訴えた。
(熱海ネット新聞)
■大会宣言 飲酒運転はしない、させない、飲ませない。暴力団を恐れない、お金を出さない、利用しない。安心・安全で住みよいまち熱海の実現に向けてまい進する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る