市特産だいだいの足湯でほっこり 熱海駅前「家康の湯」 冬至の21日まで

12月21日の「冬至」に合わせ、熱海駅前の足湯「家康の湯」で市特産のだいだいを使った「だいだい足湯」のサービスが行われている。熱海市でだいだいを生産しているシトライカンパニー(岡野谷伸一郎代表)が「観光客の皆さんにだいだいの香りを楽しみながらほっこりしてもらおう」と市に提案し、提供した。
市の担当者によれば、爽やかな香りのだいだいには、心の癒し効果のほか、果皮に保湿や皮膚を保護する成分が含まれ、乾燥肌や冷え性を緩和する効果があるという。だいだい足湯の開設期間は19日から21日の午前9時から午後4時。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る