市特産だいだいの足湯でほっこり 熱海駅前「家康の湯」 冬至の21日まで

12月21日の「冬至」に合わせ、熱海駅前の足湯「家康の湯」で市特産のだいだいを使った「だいだい足湯」のサービスが行われている。熱海市でだいだいを生産しているシトライカンパニー(岡野谷伸一郎代表)が「観光客の皆さんにだいだいの香りを楽しみながらほっこりしてもらおう」と市に提案し、提供した。
市の担当者によれば、爽やかな香りのだいだいには、心の癒し効果のほか、果皮に保湿や皮膚を保護する成分が含まれ、乾燥肌や冷え性を緩和する効果があるという。だいだい足湯の開設期間は19日から21日の午前9時から午後4時。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る