市特産だいだいの足湯でほっこり 熱海駅前「家康の湯」 冬至の21日まで

12月21日の「冬至」に合わせ、熱海駅前の足湯「家康の湯」で市特産のだいだいを使った「だいだい足湯」のサービスが行われている。熱海市でだいだいを生産しているシトライカンパニー(岡野谷伸一郎代表)が「観光客の皆さんにだいだいの香りを楽しみながらほっこりしてもらおう」と市に提案し、提供した。
市の担当者によれば、爽やかな香りのだいだいには、心の癒し効果のほか、果皮に保湿や皮膚を保護する成分が含まれ、乾燥肌や冷え性を緩和する効果があるという。だいだい足湯の開設期間は19日から21日の午前9時から午後4時。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る