木星と土星、397年ぶり大接近 きょう日没後、熱海で世紀の天体ショー

木星と土星がきょう12月21日に大接近し、熱海市でも日没直後の南西の空の地平線近くで観ることができる。国立天文台天文情報センター(東京)によると、木星と土星は太陽の周りを一周するのに必要な時間が異なるため大接近は1623年以来、397年ぶり。次にここまで近づくのは60年後の2080年。「一生に一度見られるかどうかの天文現象」とあって大接近を楽しみにしている市民は多い。

熱海ネット新聞は、“本番前夜”20日の日没直後に木星と土星が並んで沈んでゆく様子を写真に収めた。21日の最接近時には重なりそうなほど近づくという。肉眼でも観ることができるが、望遠鏡を使えば、木星のしま模様と土星の輪が同じ視野に観測できる。最接近のツーショットを日本で見られるのは23日まで。暖かくして、家族でご覧になってください。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

■写真=12月20日撮影 上が土星、下が木星

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    熱海土石流、新たに1人の遺体発見、死者20人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で1人の遺体を発見し…
  2. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  3. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  4. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
ページ上部へ戻る