木星と土星、397年ぶり大接近 きょう日没後、熱海で世紀の天体ショー

木星と土星がきょう12月21日に大接近し、熱海市でも日没直後の南西の空の地平線近くで観ることができる。国立天文台天文情報センター(東京)によると、木星と土星は太陽の周りを一周するのに必要な時間が異なるため大接近は1623年以来、397年ぶり。次にここまで近づくのは60年後の2080年。「一生に一度見られるかどうかの天文現象」とあって大接近を楽しみにしている市民は多い。

熱海ネット新聞は、“本番前夜”20日の日没直後に木星と土星が並んで沈んでゆく様子を写真に収めた。21日の最接近時には重なりそうなほど近づくという。肉眼でも観ることができるが、望遠鏡を使えば、木星のしま模様と土星の輪が同じ視野に観測できる。最接近のツーショットを日本で見られるのは23日まで。暖かくして、家族でご覧になってください。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

■写真=12月20日撮影 上が土星、下が木星

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  2. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  3. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  4. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
ページ上部へ戻る