木星と土星、397年ぶり大接近 きょう日没後、熱海で世紀の天体ショー

木星と土星がきょう12月21日に大接近し、熱海市でも日没直後の南西の空の地平線近くで観ることができる。国立天文台天文情報センター(東京)によると、木星と土星は太陽の周りを一周するのに必要な時間が異なるため大接近は1623年以来、397年ぶり。次にここまで近づくのは60年後の2080年。「一生に一度見られるかどうかの天文現象」とあって大接近を楽しみにしている市民は多い。

熱海ネット新聞は、“本番前夜”20日の日没直後に木星と土星が並んで沈んでゆく様子を写真に収めた。21日の最接近時には重なりそうなほど近づくという。肉眼でも観ることができるが、望遠鏡を使えば、木星のしま模様と土星の輪が同じ視野に観測できる。最接近のツーショットを日本で見られるのは23日まで。暖かくして、家族でご覧になってください。
(熱海ネット新聞・天体取材班)

■写真=12月20日撮影 上が土星、下が木星

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-9-20

    台風が逸れ、ホッ! 熱海海上花火大会秋季シリーズ開幕 

    熱海海上花火大会の秋季シリーズ第1弾が9月19日、熱海湾であり、午後8時20分〜40分に30…
  2. 2022-9-14

    車に2度ひかれ、近所の女性死亡 熱海・長浜海岸の国道135号で

    9月13日午後4時ごろ、熱海市下多賀の海水浴場バス停(旧長浜海水浴場)近くの国道135号で、…
  3. 2022-9-14

    秋の訪れ 熱海梅園で真っ赤な彼岸花が見ごろ 今年も定刻通り

    熱海梅園で、秋の彼岸と時を同じくして鮮やかな赤い花をつける彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が…
  4. 2022-9-12

    落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

    9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」…
ページ上部へ戻る