起雲閣近くの昭和町で雑居ビル火災、全焼した焼け跡から1人の遺体 

1月9日午前6時20分ごろ、熱海市昭和町の起雲閣駐車場近くのアパートや店舗が入った木造3階建ての雑居ビルから火が出て2時間10分後に消し止めた。この火事でビルは全焼し、焼け跡からアパートの住人とみられる1人の遺体が見つかった。
ビルには6世帯が入居していたが、50代の女性と連絡がとれていないことから、警察は遺体は女性の可能性が高いとみて身元の確認を進めている。警察と消防が出火原因を調べている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る