熱海市で過去最多5人のコロナ感染確認 2人は陽性者との濃厚接触 3人は不明

静岡県は1月10日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。1日に発表された熱海市内の感染者数としては過去最多を更新した。このうち、2人は県内と県外の陽性感染者の濃厚接触。
熱海市69例目(県3226例目)は高齢でない成人(性別は公表を望まず)。1月6日に悪寒があり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在は発熱がある。感染経路は調査中で濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市70例目(県3227例目)も高齢でない成人(性別は公表を望まず)。1月7日に微熱と節々の痛みがあり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在も微熱がある。感染経路は調査中で濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市71例目(県3228例目)は高齢者(性別は公表を望まず)。1月7日に発熱とせきがあり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在は症状がない。感染経路は調査中で濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市72例目(県3229例目)は高齢でない成人の男性。1月5日に軽いせきとのどの痛みがあり、8日にPCR検査で陽性が判明した。現在も同じ症状が続いている。感染経路は県内陽性者との濃厚接触。この人の濃厚接触者は保健所が特定した者としている。

熱海市73例目(県3230例目)は高齢者の女性。症状はなかったが、保健所に県外陽性者との濃厚接触者に特定され、PCR検査を受け、1月8日に陽性が判明した。現在も症状がない。この人の濃厚接触者は保健所が特定した者としている。
この日、県内では過去最多の127人のコロナ感染が確認された。
(熱海ネット新聞)
■静岡県内の新たなコロナ感染者(1月10日)静岡市48人、伊東市15人、焼津市10人、浜松市7人、沼津市、富士市各6人、熱海市、御殿場市各5人、伊豆の国市4人、三島市、磐田市、袋井市、湖西市各3人、伊豆市、富士宮市、東伊豆町各2人、裾野市、長泉町市、県外各1人。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  2. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
  3. 2021-7-28

    ブルネイのファダウス選手 インスタで入国あいさつ 熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪で熱海市がホストタウンを務めるブルネイ・ダルサラーム国のムハマド・ファダウス選手(25)が…
  4. 2021-7-28

    8月28日の「伊豆湯河原温泉納涼花火大会」中止 全国的なコロナ感染再拡大で

    熱海市の伊豆湯河原温泉観光協会は7月27日、新型コロナウイルス感染症の全国的な再拡大のため、8月2…
ページ上部へ戻る