熱海富士が初白星 2番相撲で会心の寄り切り 大相撲初場所4日目

大相撲初場所は1月13日、東京・両国国技館で4日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25枚目の熱海富士(18歳、本名・武井朔太郎、伊勢ケ浜部屋)は2番相撲で本間(19歳、鳴戸部屋)を寄り切り、初白星を挙げて1勝1敗とした。
序ノ口は、15日間で7番の相撲を取る。飛龍高から今秋に入門した熱海富士は、新型コロナウイルスの影響で3年時の全国大会が中止となり、勝負勘が戻らず、デビュー戦を接戦で落とした。しかし、2番目の土俵で星を五分に戻し、本来の動きを取り戻した。
(熱海ネット新聞)
■熱海富士(本名・武井朔太郎=たけい・さくたろう)2002年(平14)9月3日、千葉県生まれ。18歳。小学2年で熱海市に移り、熱海二小に転校。小学6年で三島市の三島相撲クラブ入り。熱海中に進み、3年生の17年に全国中学校選手権個人5位。飛龍高では1年時からレギュラー。185センチ、170キロ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る