熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち、3人は未成年者で2人は高齢でない成人。感染者の若年化が進んでいる。1日に発表された熱海市内の感染者数5人は過去最多を更新した1月10日に続く2度目。
熱海市74例目(県3539例目)は高齢でない成人(性別は公表を望まず)。症状はなかったが、保健所に県外陽性者との濃厚接触者に特定され、PCR検査を受け、1月12日に陽性が判明した。現在も症状がない。この人の濃厚接触者は保健所が特定した者。
熱海市75例目(県3540例目)は未成年者(性別は公表を望まず)。この人も症状はなかったが、保健所に県外陽性者との濃厚接触者に特定され、PCR検査を受け、1月12日に陽性が判明した。現在も症状がない。この人の濃厚接触者は保健所が特定した者としている。
熱海市76例目(県3541例目)は高齢でない成人(性別は公表を望まず)。1月8日に発熱があり、12日にPCR検査で陽性が判明した。現在は発熱、頭痛、倦怠感がある。感染経路は県内陽性者との濃厚接触。この人の濃厚接触者はいない。
熱海市77例目(県3542例目)は未成年者(性別は公表を望まず)。1月11日に倦怠感、鼻水があり、12日にPCR検査で陽性が判明した。現在は症状がない。感染経路は県内陽性者との濃厚接触。この人の濃厚接触者は調査中。
熱海市78例目(県3543例目)も未成年者(性別は公表を望まず)。1月11日にのどの痛みと鼻詰まりがあり、12日にPCR検査で陽性が判明した。現在も同じ症状がある。感染経路は県内陽性者との濃厚接触。この人の濃厚接触者は調査中。
この日、県内で110人のコロナ感染が確認された。死者は4人増え、合わせて59人となった。
(熱海ネット新聞)
■静岡県内の新たなコロナ感染者(1月14日)静岡市24人、伊東市12人、焼津市10人、浜松市9人、沼津市8人、御殿場市、掛川市各7人、伊豆の国市、湖西市各6人、熱海市5人、富士市4人、三島市3人、長泉町、小山町各2人、富士宮市、東伊豆町、菊川市、磐田市、袋井市各1人。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る