熱海型DMO、宿泊税導入の検討を再開 2年ぶりに観光戦略会議

熱海市は1月28日、第4回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開いた。今後5年間の熱海市の新たな観光基本計画策定にあたり、助言を求める会議だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でおよそ2年中断していた。
この日の会議では、市側から熱海市観光基本計画素案の概要説明があり、同戦略会議側からは、下部組織の実務担当者で構成する「熱海型DMO構築に関する検討部会」と宿泊税導入を念頭においた「新たな観光財源検討部会」がこれまで9回の会議でまとめた①官民連携組織となる熱海型DMO組織の構築②安定した財源を確保するための観光目的税(宿泊税)の導入」意見が示された。
「熱海型DMO」については、内田進委員(熱海商工会議所会頭)から「作るのはいいが、問題は必要となる専門性を有する人材」という指摘。リモートで出席した柏木千春委員(流通科学大学人間社会学部教授)からは、熱海市が1人200円〜300円の徴収を検討している宿泊税について「定額制ではなく、定率制採用」の提案があった。
齋藤栄市長は「新たな観光基本計画は、コロナ禍の熱海観光の方向性を示すもの。委員各位の知見を生かし、持続可能な観光地として熱海発展の礎にしたい」と述べた。
次回会議は2月16日に開き、これらの案に各委員が意見を述べる。
(熱海ネット新聞)
■ 熱海市観光戦略会議委員 高橋一夫(近畿大学経営学部教授=新任)、柏木千春(流通科学大学人間社会学部教授)、井坂浩樹( JTB国内仕入商品事業部熱海仕入販売センター地域統括部長)、内田進(熱海商議所会頭)、中島幹雄(熱海市観光協会連合会会長)、島田善一(熱海市ホテル旅館協同組合連合会理事長=新任)金井慎一郎(副市長=新任)、宿崎康彦(市観光建設部長=新任)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  2. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  3. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  4. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
ページ上部へ戻る