熱海型DMO、宿泊税導入の検討を再開 2年ぶりに観光戦略会議

熱海市は1月28日、第4回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開いた。今後5年間の熱海市の新たな観光基本計画策定にあたり、助言を求める会議だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でおよそ2年中断していた。
この日の会議では、市側から熱海市観光基本計画素案の概要説明があり、同戦略会議側からは、下部組織の実務担当者で構成する「熱海型DMO構築に関する検討部会」と宿泊税導入を念頭においた「新たな観光財源検討部会」がこれまで9回の会議でまとめた①官民連携組織となる熱海型DMO組織の構築②安定した財源を確保するための観光目的税(宿泊税)の導入」意見が示された。
「熱海型DMO」については、内田進委員(熱海商工会議所会頭)から「作るのはいいが、問題は必要となる専門性を有する人材」という指摘。リモートで出席した柏木千春委員(流通科学大学人間社会学部教授)からは、熱海市が1人200円〜300円の徴収を検討している宿泊税について「定額制ではなく、定率制採用」の提案があった。
齋藤栄市長は「新たな観光基本計画は、コロナ禍の熱海観光の方向性を示すもの。委員各位の知見を生かし、持続可能な観光地として熱海発展の礎にしたい」と述べた。
次回会議は2月16日に開き、これらの案に各委員が意見を述べる。
(熱海ネット新聞)
■ 熱海市観光戦略会議委員 高橋一夫(近畿大学経営学部教授=新任)、柏木千春(流通科学大学人間社会学部教授)、井坂浩樹( JTB国内仕入商品事業部熱海仕入販売センター地域統括部長)、内田進(熱海商議所会頭)、中島幹雄(熱海市観光協会連合会会長)、島田善一(熱海市ホテル旅館協同組合連合会理事長=新任)金井慎一郎(副市長=新任)、宿崎康彦(市観光建設部長=新任)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-22

    8年ぶりに満月と重なる「仲秋の名月」 熱海湾に鮮やかムーンロード

    旧暦の8月15日に当たり「仲秋の名月」(十五夜)となった9月21日。暦と満月は必ずしも一致しないが…
  2. 2021-9-22

    熱海市全体の商業地3•7%、県内一の上昇率 トップは田原本町 基準地価

    国土交通省は9月21日、7月1日現在の基準地価を発表した。静岡県内の商業地は新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-9-22

    【お悔やみ】河野と志枝さん(熱海市網代)9月19日死去 107歳

    河野と志枝さん(このう・としえ)9月19日死去、107歳。熱海市の再高齢者。通夜23日午後6時。葬…
  4. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
ページ上部へ戻る