今年は静かにライトアップ 糸川遊歩道のあたみ桜、ひっそり色鮮やかに

熱海市の「市の木」あたみ桜が見ごろを迎え、糸川遊歩道のライトアップが行き交う人たちの目を楽しませている。新型コロナウイルスの影響で例年よりも人出は少ないものの、時折り訪れる観光客らがドラゴン橋で写真を撮ったりして春の訪れを満喫している。糸川沿いには河口から約300メートルの区間で両岸に57本のあたみ桜が植えられ、ピンク色の花が照明で色鮮やかに浮かび上がって見える。来週末にかけて一番の見ごろに入る。
ライトアップは御成橋-渚橋間。時間は午後4時半から11時。期間はあたみ桜糸川桜まつり開催中の2月7日まで。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-27

    紅葉色づく庭園 30日まで秋の一般公開 熱海・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月30日まで「秋の一般公開」(2…
  2. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  3. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
  4. 2022-11-24

    稲穂を手に「豊栄の舞」奉納 新穀感謝祭・新嘗祭/来宮神社

    来宮神社の新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、本殿で斎行された。神社総代や祭典…
ページ上部へ戻る