「糸川桜まつり」最終週迎え、あたみ桜が満開 今週末は最高の見ごろ

糸川遊歩道

「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日)が最終週を迎え、糸川遊歩道のあたみ桜が満開となった。熱海市が2月1日まとめた開花状況によれば、57本のうち、見ごろが29本、5分咲きが17本、3分咲きが10本、2分咲きが1本。全体の開花度は「7・14分咲き」だが、これから見ごろ過ぎに入る木もあるため、一番いい時期を迎えた。今週末がピークとなる。

熱海梅園前市道

「梅まつり」(〜3月7日)が開催中の熱海梅園の市道は23本のうち、見ごろが13本、5分咲きが6本、3分咲きが1本。見ごろ過ぎも3本。全体の開花度は「7・43分咲き」であたみ桜が満開となった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ代表のムハマド・イサ選手 競泳男子100メートル、予選1組2位

    熱海市のホストタウン相手国ブルネイ代表のムハマド・イサ選手(23)が7月24日の競泳男子100メー…
  2. 2021-7-24

    熱海土石流 新たに2人の遺体発見、死者21人に 身元は調査中 

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市と静岡県は7月24日、同日の捜索活動で2人の遺体を発見し…
  3. 2021-7-24

    熱海市で20代女性と高齢でない成人の2人がコロナ感染 県内陽性者と濃厚接触

    静岡県は7月24日、熱海市に住む20代女性と高齢でない成人の2人が新型コロナウイルス感染を確認した…
  4. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
ページ上部へ戻る