立春 熱海梅園の早咲き・中手勢、ほぼ出揃う 60種中46種の梅が開花 

2月3日は二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」。日本一の早咲きで知られる熱海梅園では、梅が白やピンクの花をほころばせ、優しい香りが春の訪れを感じさせていた。今週は新たに御所紅、月影、野梅系、小梅系などが咲き、これで園内に植えられている60種中46種が開花し、ほぼ出揃った。

熱海梅園では、早咲きの梅は1月、中手、遅咲きは2月から咲き、3月中旬まで咲き続ける。 いつ訪れても園内のどれかが見頃を迎えてるが、一番たくさん咲くのは2月上旬から下旬にかけて。まだ咲いていないのは、月影枝垂れ、藤牡丹枝垂れ、紅千鳥、武蔵野、桃園、養老、乱雪、緑蕚枝垂れ、曙、東錦、思いのまま、開運、甲州最小、白獅子の14種でこれから順次花を咲かせる。

今年の梅まつりは(〜3月7日)、10都県の緊急事態宣言の延長に伴い、イベントも中止を延長。代わりに猿回し軍団「戦豆」などの大道芸を開いている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-5

    熱海市 台風4号接近で午後7時に避難所開設 大雨に備え7カ所

    台風4号の接近に備え、熱海市は7月5日午後7時に避難所を開設した。避難所は泉小中学校・伊豆山小学校・…
  2. 2022-7-5

    「熱海こがし祭り•山車コンクール」 3年ぶり開催も参加申請は10町内 

    来宮神社例大祭の一環として行われる「熱海こがし祭り•山車コンクール」(7月15・16日=市観光協会主…
  3. 2022-7-4

    遺族に提訴され、被告の熱海市 「利益相反」でも遺族支援で裁判に協力

    熱海市の齋藤栄市長は7月4日、伊豆山土石流災害で遺族、被害者らが「市の行政判断に過失があった」として…
  4. 2022-7-4

    残る1人「絶対に見つけ出す」 静岡県警が過去最大規模で一斉捜索

    死者27人(災害関連死1人含む)、行方不明者1人を出した熱海市伊豆山の土石流災害の発生から1…
ページ上部へ戻る